TOPページ > ベビー キッズケア

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

たいせつな赤ちゃんの素肌、ママが守ってあげましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんには、できるだけお肌にやさしい低刺激なものを選んであげたい。
でも、スキンケア効果もきちんとあるものじゃないと・・・。

そんなママの想いに応える乳液がパンベシュから生まれました。
原料や配合成分にとことんこだわり抜いた、赤ちゃんにも安心してお使いいただけるベビーローションです。

1.カサカサ・かゆみ
水分保持力の低い赤ちゃんのお肌をふっくらぷりぷりに。
配合成分:アロエベラエキス、モモ葉エキス、ブドウ果汁発酵液、ヒアルロン酸
2.紫外線
赤ちゃんにもUV対策を。おでかけ前後の使用がおすすめ。
配合成分:アロエベラエキス、オオバクエキス、ヨーグルトエキス
3.乾燥
お風呂上がりや冬場など、乾燥しがちなお肌の水分量をアップさせます。
配合成分:スクワラン、シアバター、ヒアルロン酸、ホホバ油
4.肌荒れ
化粧品としてはめずらしいヨーグルト成分でお肌をケア
配合成分:クチナシエキス、ビワ葉エキス、ヨーグルトエキス
5.おむつかぶれ
おむつのムレや摩擦によるかぶれをケアします。
配合成分:オオバクエキス、ビワ葉エキス

▲このページの先頭へ

特徴

ママの気持ちと同じくらいの優しさで作りました!

保湿をするのは、お風呂あがりだけではありません。特に肌が乾燥しやすい冬場は、1日に何度でもしてあげましょう。寝起き後、外出の前後、食事の後のお口周りなど。またお肌が汚れている場合はきれいにふいてから、ママの優しい気持ちで保湿をしてください。

お肌にやさしい低刺激処理
バラベンフリー/アルコールフリー/無鉱物油/無着色/無香料
ほんのり甘い、バニラの香り
食品にも使われるバニラフレーバーを使用しています。(香料ではありません。)
プレママ&ママのスキンケアにも
妊娠中のお肌が不安定な時期や、赤ちゃんが心配で化粧品を控えたいママにも安心してお使いいただけます。
ご出産のプレゼントにもぴったり
ママと赤ちゃんのスキンシップに、とっても嬉しいお祝いです。

▲このページの先頭へ

配合成分

配合成分がやさしく、しっかりケア

ベビークリーミーローションは植物由来成分をメインに処方されたお肌にやさしい商品です。また、パラベンフリー、エタノールフリー(アルコールフリー)の低刺激、無鉱物油、無着色、無香料(※食品などに広く使われるバニラフレーバーでほのかなバニラの香り。香料ではございません)の低刺激処方で作られています。また化粧品ではめずらしいヨーグルトを配合しております。

配合成分

スクワラン、シアバター、ヒアルロン酸、ホホバ油 4種の高保湿成分を贅沢に配合しました。

植物由来成分

アロエベラエキス

お肌の保湿作用、消炎効果により、カサカサしがちな痒み肌をしっとり落ち着かせます。

モモ葉エキス

あせもなどの肌トラブルをケアし、抗菌・消炎効果で、お肌をすこやかに保ちます。

ブドウ果汁発酵液

保湿効果があり、しわ改善、お肌のハリ対策としても効果が期待されます。

オウバクエキス

お肌の引き締め効果、抗菌作用、肌荒れ防止でおむつかぶれをケア。
紫外線からもお肌を守ります。

クチナシエキス

お肌の保湿作用、鎮静・消化効果の他にも、日やけによるシミ・そばかす予防が期待できます。ママにもおすすめです。

ビワ葉エキス

消炎効果で、ムレや摩擦によるおむつかぶれをケア。収れん作用もあり、お肌をすっきり整えます。

ヨーグルトエキス

角質水分量を保持することで肌荒れをケアし、やわらかくてハリのある素肌へ導きます。日焼け後のケアにも。

▲このページの先頭へ

使用方法

スキンシップを楽しむように・・・

毎日のケアが理想的ですが、塗るのを忘れてもすぐにトラブルにはつながりません。
あまり神経質に考えすぎず、赤ちゃんとのスキンシップを楽しむ気持ちで続けてください。

入浴後や寝起き後などに、汚れをきれいに拭いてからお使いください。使用量の目安は、胴体の前側、背中側、両手、両足で500円玉大くらいです。

乳液を手のひらであたためてから、上から下へ一方向に。胴体の前側であれば首から股へ向かって塗りましょう。背中側も同様に。

手足はつけ根から指先に向かって塗ります。手を往復させてゴシゴシこすると、肌荒れの原因になるので注意してください。

顔は手のひらで包み込むように。頬はとくにカサつきやすいので、乳液後にクリームを重ねるのも効果的です。

しっとりプリプリお肌の完成です!

スキンケアのポイント

  • 乳液は充分な量を使いましょう。
  • 塗る方向は「上から下へ」が基本。
  • ゴシゴシこすらないように気をつけましょう。
  • 入浴後は5分以内のケアを心がけましょう。
  • 入浴後だけでなく、寝起き後、外出の前後、食後の口元の乾燥に。とくに乾燥が気になる季節は、こまめにケアしてください。

▲このページの先頭へ

ブログ掲載一覧


商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ